<< リンネル!! | main | 秘密の花園 >>

荻原規子 白鳥異伝

0
    白鳥異伝
    白鳥異伝
    荻原 規子

    遠子と小倶那は双子のように育った。都に出る日、小倶那は誓った…必ず遠子のもとに帰ると。けれども小倶那は「大蛇の剣」の主として帰り、遠子の郷をその剣で焼き滅ぼしてしまった…。「小倶那はタケルじゃ、忌むべき者じゃ」大巫女の託宣を胸に、何者にも死をもたらすという伝説の勾玉の首飾りを求めて旅立つ遠子。だが、ついに再び会う日が来たとき、遠子の目に映った小倶那の姿は…?神代から伝えられた「力」をめぐって、「輝」の未裔、「闇」の未裔の人々の選択を描く、ヤマトタケル伝説を下敷きにした壮大なファンタジ。

    それぞれの想いがとても切なかった・・・・。運命は残酷なまでに2人を苦しめたけれども、そこを乗り越えた時の2人の絆は、深くしっかりと繋がって力強かったです。そこまで相手を想う・・・その力が羨ましくもありますね。
    posted by: bookscafe2006 | ファンタジー・・・あれこれ。 | 08:03 | - | - | - | - |