<< 交渉人 五十嵐貴久 | main | コンビニ・ララバイ 池永 陽 >>

てるてるあした 加納朋子

0
    てるてるあした (幻冬舎文庫 か 11-2)
    てるてるあした (幻冬舎文庫 か 11-2)
    加納 朋子

    親の夜逃げのために高校進学を諦めた照代。そんな彼女の元に差出人不明のメールが届き、女の子の幽霊が現れる。これらの謎が解ける時、照代を包む温かな真実が明らかになる。不思議な街「佐々良」で暮らし始めた照代の日々を、彼女を取り巻く人々との触れ合いと季節の移り変わりを通じて鮮明に描いた癒しと再生の物語。


     観ていませんがドラマ化されてましたね。‘ささらさや’照代バージョンと言ったところです。優しくてちょっと切なく、最後じゅわ〜んとしちゃいました。人の繋がりが心地いいです。

    ささらさや (幻冬舎文庫)
    ささらさや (幻冬舎文庫)
    加納 朋子

    posted by: bookscafe2006 | 最近読んだ本・・・読み始めた本 | 11:04 | - | - | - | - |